Hamamatsu Arts & Creation 浜松アーツ&クリエイション

Hamamatsu Arts & Creation 浜松アーツ&クリエイション

News

浜松・浜名湖ツーリズムビューロー提供

2019.04.28お知らせ

補助金申請 提案書記載のヒント

平成31年度浜松市創造都市推進事業補助金に申請をされる方へ

あなたの想いの詰まった事業提案を、審査員に理解されやすい形の提案書にしていただくためのヒントです。

審査員は多くの提案書に目を通します。

提案書の各項目はなるべく簡潔に、ポイントを押さえて、あなたの提案の価値が読み取りやすい書き方にすることをお勧めします。

提案事業計画書

2. 事業の目的 :わかりやすい記載例

・浜松では、今こんな状況になっている ⇒ これをこういう風に解決したい。 ⇒ そのために、このやり方で事業を提案する。

あるいは

・浜松には、こんな○○が活用されないで埋もれている ⇒ これをこういう風に活用していきたい。⇒そのためにこういうやり方で事業を提案する。

この流れでポイントを押さえて記載すると、あなたの提案がどういう価値を生み出そうとしているのか、理解されやすいです。

※背景や思いの詳細は 添付書(A4 4ページまで添付できます)に記載しましょう。

 

3. 事業の具体的な内容:いつ、どこで、誰が、誰を対象に、何を行うか。なるべく具体的に記載しましょう。

 

4.事業の実施スケジュール:補助金に該当する事業だけでなく、活動全体の流れを記載する場合は、その中でどの部分が本補助金に該当するのか、わかりやすく記載しておくと、本補助金に対してのあなたの理解も伝わります。

 

 添付資料:A4 4ページまで。内容は自由ですが、可能でしたら写真やイラストなども含めると、より記憶に残る提案になります。

上記に該当しない場合もあると思いますが、内容が伝わりやすい提案書にするために、ご参考にしてください。

また、書類の記載が終わったら、提出前に、今一度、記載漏れがないか、複数の眼で確認しましょう。

こちらからチェックリストがダウンロードできますので、ご活用ください。

事業提案時チェックリスト